記事

記事

ナバテア王国の遺跡マダイン・サーレハ(ヘグラ)が2000年の歴史で初めて一般公開される

サウジアラビアの古代遺跡マダイン・サーレハ(ヘグラとも呼ばれる)が、その2,000年の歴史の中で初めて一般に公開されることになる。 サウジアラビアは現在その主要産業を石油から貿易や観光業にシフトすることを試みており、今回のマダイン・サーレ...
記事

ピラミッドの前でダンスを踊っていたインフルエンサーが逮捕される

かつてナポレオンはエジプト遠征の際、ピラミッドを指して「兵士諸君、この遺跡の上から、四千年の歴史が君たちを見下ろしている」と言って兵士を鼓舞したという。 そんな格式あるピラミッドを背景に、セクシーなダンスを踊っていたインフルエンサーがエジ...
記事

ナチスが使用していた暗号機エニグマが海底から発見される

暗号機エニグマが、バルト海の底に眠っているところを発見された。 エニグマは第二次大戦中にドイツ軍が使用していたタイプライター型の暗号機であり、イギリスの計算機科学者アラン・チューリングによって解読されたことでも知られている。 C...
記事

オーストリアの「ファッキング(Fucking)」という名の町が、イタズラが多発したため改名される事に

オーストリアにある小さな町「ファッキング(Fucking)」の住民達は、そのあまりにもインパクトの強すぎる町の名前のせいで長年居心地の悪い思いをしていた。 ドイツの国境沿いにあるその町の歴史は古く、「ファッキング(Fucking)」と名付...
記事

大量に放棄された旧ソ連時代の戦闘機達の切ない画像。ボロボロに錆びついたMiG-23の姿も

とある写真家が撮影した旧ソ連時代の軍事基地の廃墟の画像が話題となっている。 そこには、プロペラの無い軍用ヘリや、ボロボロに錆びついた戦闘機など、ソ連時代の軍用機が大量に放棄されている様子が映されていた。 Credit:mediadr...
記事

【ブタ戦争】たった一匹の豚をきっかけに起きた戦争

ささいな事件が戦争を引き起こすきっかけになるという話は歴史上珍しい事では無いが、おそらくブタ戦争(豚戦争)を超えるものはないだろう。 ブタ戦争とは、その名の通り一匹のブタが引き金となった戦争である。 19世紀初頭、イギリスとアメリカ両国...
記事

名門オックスフォード大学で起きた悲劇、「聖スコラスティカの日の乱闘」について

オックスフォード大学と言えば世界でもトップレベルの優秀な大学だが、かつてその名門大学で歴史に残る悲惨な事件が発生したことがある。 それが「聖スコラスティカの日の乱闘」である。 スコラスティカとは修道女でありカトリック教会・正教会の聖人で...
記事

【スカラベ】古代エジプトではフンコロガシが神と崇められていた!?【ケプリ】

今から約5000年前の古代エジプトでは、フンコロガシが神聖な存在として崇められていた。 そのため古代エジプトの時代には、フンコロガシを模ったアクセサリーやお守りが多数存在する。 (画像)フンコロガシ Credit:wikipe...
記事

【ブレムミュアエ】古代には頭の無い種族が存在した!?【無頭人】

かつてヨーロッパでは、世界の果てに様々な異形の生き物が存在すると思われていた。 犬の頭を持つ人間や一本の大きな足を持つ人間、そして頭が無く胸に顔のある人間などである。 頭の無い奇妙な種族はブレムミュアエやアケパロイと呼ばれ、古代の書物に...
記事

ポンペイで行われていた売春について。スピントリアの用途とは?

古代ローマ、特にポンペイでは売春は主要産業の一つであった。 この町は火山の噴火によって地中に埋もれてしまい、後の発掘作業によって当時の町の様子がそのまま現在に残されていることで有名だ。 そこからは売春宿や如何わしい遺物が多数発掘され、当...
記事

カエサルも驚愕!?ドルイドが生贄の儀式に用いたウィッカーマンについて

木の枝で作られた巨大な人型の檻の中に隙間なく詰め込まれた人々。 下の画像は18世紀に書かれたイラストだが、いったい彼らが何をしているのか、このイラストを見ただけで理解できる人は少ないだろう。 Credit:wikipedia(画像)...
記事

ローマ帝国の皇帝の容姿がAIによって復元される

ローマ帝国の皇帝達の姿が最新のAI技術によって蘇った。 コロナウイルスによるロックダウンの期間中、カナダのカメラマンでありCGデザイナーであるDaniel Voshart氏は、退屈しのぎのために「Artbreeder.com」というウェブ...
記事

中国で池の水を抜いたら水面から巨大な仏像が出現。一体その理由は

「池の水ぜんぶ抜く」というテレビ番組では、水を抜いた池から思わぬお宝や珍魚が出現することがあるが、中国では池の水を抜いたところ更にとんでもないものが姿を現したようだ。 中国の江西省にある貯水池で、水力発電用の水門の改修を行うために池の排水...
記事

馬王堆漢墓に埋葬されていた帛書は世界最古の解剖学書か

現存する世界最古の人体の解剖学書は、古代中国の時代に書かれた鍼灸書なのかもしれない。 中国の湖南省に馬王堆漢墓(まおうたいかんぼ)という紀元前2世紀、前漢の時代に作られた墳墓がある。 Credit:wikipedia(画像)馬王堆漢...
記事

スコットランドで発掘された2つの体に6つの頭部を持つ人骨。その真相は

スコットランドのとある教会にある中世の墓から、奇妙な人骨が発掘された。 そこには、2つの体に6つの頭部が埋葬されていたという。「Six-Headed Chief(六頭の長)」と名付けられたその人骨は、果たして何者なのだろうか? その謎が...
タイトルとURLをコピーしました