【偶然だった?】意外なきっかけで生まれた食べ物3選

記事
 

普段何気なく食べている物も、発明されたきっかけは意外な出来事だったりします。
今回はそんな意外なきっかけで生まれた食べ物を3つ紹介します。

アイスキャンディー

夏には欠かせないアイスキャンディーですが、これが発明されたきっかけは全くの偶然でした。
1905年、米サンフランシスコに住む11歳の少年フランク・エパーソンは、ジュースに混ぜ棒を挿したまま、ついうっかり一晩中外に放置してしまいました。
その夜はとても寒かったため、次の日の朝にはそのジュースは混ぜ棒が刺さったまますっかり凍っていました。
試しにそれを食べてみると非常に美味しかったので、少年は同じものを作って近所の住民や友人に売り出しました。
これがアイスキャンディー誕生のきっかけです。

ポテトチップス

1853年、米ニューヨーク州のレストランMoon Lake Lodgeにひとりの我儘な客が訪れました。
その客は、出されたフライドポテトの厚みが気に入らず「もっと薄くしろ」と何度も作り直しを要求しました。
そのレストランで働くシェフ、ジョージ・クラムは度重なる要求にうんざりし、遂にはポテトを極限まで薄くスライスしました。
それを油で揚げて塩をふりその客に出してみると、意外にも好評でした。
この新しい食べ物はポテトチップスと名付けられました。

バゲット(フランスパン)

バゲットはフランスパンの一種で、フランス語で「杖」 あるいは 「棒」と言う意味があります。
その言葉通り、非常に細長いのが特徴です。
なぜこのような細長い形をしているのでしょうか?
俗説として、かのナポレオンが「持ち運びやすいようにズボンのポケットにすっぽり入るような形のパンを作ってくれ」と頼んだから、というものがあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました